お役立ちコラムcolumn

~しばコラ~ 夏とバイク 私の日焼け対策

夏の日焼け止め

私の日焼け対策

絶対に日焼けしたくない!!
毎年言っているものの、今年も出鼻をくじかれました。
ジャケットからあらわになる手首から手の甲を日焼け・・・。
こうなると、「もういいか・・・」というあきらめの気持ちと、
「いいやこれ以上は絶対に日焼けしないわよ」という覚悟が行ったり来たりしています。
日焼けをしてしまったものは仕方ない。
そんなときはいつもより保湿をしっかりするようにしています。
顔ならシートパック、からだであれば美白効果のあるボディクリームを塗って気休めでも日焼け後の肌の影響が軽減できればと思っています。

私にとって日焼け止めクリームは一年中欠かせないものになってきました。
汗をかくこの季節はウォータープルーフタイプが必需品。
化粧下地も日焼け止めもSPFやPAの数値が高いものを使用しています。
激しく汗をかきそうなときは汗だけでなく皮脂にも強いという
スーパーウォータープルーフタイプの日焼け止めを使っています。

  朝はガッツリ日焼け止めクリームを塗り、メイクをし、「これでOK!!」と、出かけるのですが
その後の塗り直しやメイク直しはおろそかになりがち・・・
日焼け止めの塗り直しは大事だと実感しています。
塗る量も少なすぎると効果がないようなので、たっぷり塗るようにしています。
バイクに乗る時も乗らないときも日焼け対策は似たようなものですが
バイクに乗る時に注意しているのは隙間焼けです。
顔は化粧をしていても、していなくてもしっかり日焼け止めを塗るのですが、
バイクに乗る時は、ヘルメット・ジャケット・グローブ・パンツにブーツと、ほとんど肌を露出していない服装なので大丈夫だろうと油断をしてしまいがち。(特に私の場合) その油断が日差しに狙われ隙間焼けとなってしまいます。
隙間焼けで特に注意している部分は....
首・手首・手・くちびるです。

私の隙間日焼け対策

顔は日焼け止めや、メイクをしていますが、首はおろそかになっていることも。ジャケットを着ていても首の後ろやヘルメットの間は日焼けしやすいので、日焼け止めを塗って、ネックカバーをつけてガードしています。 ネックカバーは夏場はさらりとした素材のものが心地がいいですよ。

手・手首

ジャケットとグローブの間は、運転操作をしているうちに肌が露出してしまい、手首だけ日焼けしてしまう「逆時計焼け」はバイク乗りにあるあるですよね。 さらにバイクから降りてグローブを外した時の手の甲。こちらも日焼け止めを忘れがち。 「グローブをつけるから大丈夫かな。」と、思っていても降りたあとに日焼けしてしまうこともあります。 まずはアームカバーで腕をガード。走っているうちにずり上がってしまうこともあるので、手首から指先まで日焼け止めを抜かりなく塗り、塗り直しも最近はするようになりました。

くちびる

くちびるって、すぐかさつくし皮むけるし意外と繊細な部分だと感じています。 リップなどを塗っていても、飲んだり食べたりするとすぐに落ちてしまうので夏でも乾燥や日焼けでガサガサしたり皮がむけたりするところでもあります。 口紅は使わないのですが、リップは紫外線カット機能の入った色つきリップで日焼けからガードするようにしています。

  それ以外では最近は薄めの色のUVカットのメガネをかけるようになりました。
パソコン用にブルーライトカットのメガネとして購入したものですが、紫外線カット効果もあると聞いてサングラス代わりにも使っています。夜間走ることも多いのでシールドは色を抑えたものにして、日中はメガネでカバーをしています。薄い色のメガネでも裸眼に比べると結構まぶしさも抑えられているし、いきなりトンネルに入っても薄い色なので視界が見えなくなる心配がありません。

日焼けするのが夏らしさ!!という方もいると思います。
もちろんそれは人それぞれ。
私は日焼け後の影響が気になるので日焼け対策をするようになりました。
しみ、しわなどのお肌の劣化。年齢である程度は衰えてくるものではありますが、ある程度防げるものは防げればいいなと思う女心が今日もせっせと日焼け止めクリームを塗りたくる日々になっているのです。


このページのトップへ