お役立ちコラム?column

「出光・イーハトーブトライアル大会」Part-4

出光・イーハトーブトライアル大会

  愛車が自分と同じ年式、94年のカワサキZRX400というバイク女子、モデルの紗喜花ちゃんを「イーハトーブトライアル」に連れて行こう~! という作戦の続きです。
さぁ、ボクらが参加するツーリングクラスでも、セクション(トライアル競技をするエリア)に挑戦してみますよ!!

紗喜花のお願い

さきか:まだ前回の記事を見てない方は[コチラ]を先に見てくださいネ!

林道や牧草地も走り繋いで…

紗喜花のお願い

さきか:うわー。こーんな草原の中を走るの、生まれて初めてです! ハイジになった気分です!!

スパ太郎:そうでしょ! 地元の方が、イーハトーブライダーの為に牧草地を開放してくれているんだよ! ホラ! この先の丘の上もセクションになっているヨ! 見学に立ち寄るヨ!

イーハトーブに来る前に、オフロードの練習を少ししたものの、正直「大丈夫かなぁ…」と心配だったボクだけど、楽しく走れている様で良かった! いやいや、慣れてきた頃に油断して、転倒したりするものだから、まだまだ安心は禁物だぞ!

さぁ! セクションにトライ!!

  観戦トレイルツアーの、引率リーダーの土谷さんから、「初級・中級者クラスの”ヒームカ”のセクションを走っても良い」という許可が出たので、希望者はセクショントライしてみるコトになりました!
  セクションは、トライアルバイクの方が走り易いので、トレイルバイクで参加の方には、ボクのスコルパ TY‐S125 Fを乗って貰うコトに!

スコルパ TY‐S125 F

スコルパ TY‐S125 F。コレね!

車両については前回の記事を参照
「出光・イーハトーブトライアル大会」Part-3
「イーハトーブで生まれ育ったバイク、TY-S125F物語」

さきか:先ずは、下見から…ですよね!

スパ太郎:おっ、分かって来たねぇ。それと、競技ルールを説明しておくね。コースマーカーの赤(右側)と、青(左側)の間ならドコを走ってもOK! 「IN」からスタートして、「OUT」を出るまでがセクションね。エンストや車両が停止したり、コースアウト、転倒したバアイは失敗の5点加算。足着1回に着き1点で、4回以上は何回足を着いても4点だよ! 足つきも、失敗も無く走り切った時はクリーン(0点)ね!

さきか:ハイ。点数が少ない方が良い!ってワケですね。

スパ太郎:そうそう! クリーン(0点)を狙って失敗してしまうよりは、無理せず、足を何回着いてでも走りきれれば、4点だから、その方が1点UPするよ!

さきか:そんな作戦もあるんですね!

スパ太郎_01 スパ太郎_02 スパ太郎_03 スパ太郎_04

スパ太郎:上手な選手ほど、難しいセクションを下見する時には「ココで足を着いて確実に走り切る」とか考えているよ! じゃぁ、ボクらもセクションの下見をして、早速走ってみよう~!

  みんなで下見後。 …あれ? 誰も走ろうとしないので、一番最初にボクが走るコトにしました! いや~、ちょっと緊張するなぁ~~~

「クリーーーン!!」 と、オブザーバー(審判)の声。 「やった!」と小さくガッツポーズ。

さきか:腰が引けてましたけど、見事クリーンでしたね!

スパ太郎:あれれ? オレの「ヘッピリ腰」見抜かれてた??

さきか:ハイ。全日本の選手のフォームとはまるで違うので(笑)! 私もトライしてみたいです!! どう走ればいいですか?

スパ太郎:比較的真っ直ぐなラインだけど、ゴツゴツの石が多くて、けっこう起伏も激しいでしょ? オレは、最初の石を乗り越えれば、あとはある程度のスピードを保ってテンポよく走れれば、クリーンできる! と、考えたよ!

さきか:やってみます!

紗喜花ちゃんもチャレンジ!

紗喜花ちゃん_01 紗喜花ちゃん_02

スパ太郎:
  ちょっとスロットル開け過ぎじゃない?

紗喜花ちゃん_03 紗喜花ちゃん_04

スパ太郎:
  うわっー! 開け過ぎー!! 戻してーー!

紗喜花ちゃん_05 紗喜花ちゃん_06

スパ太郎:

うわっー! ブレーキー!!

紗喜花ちゃん_07

スパ太郎:
  うぉー! ぶつからずに止まったぁー!!

※写真では判り難いですが、2枚目の写真の辺りから結構な速度が出て、モノ凄い勢いで、コースから飛び出した感じでした…

スパ太郎:うわーっ! ビックリしたー。 でも転ばなくて良かった…。 スロットル開け過ぎだよ!

さきか:そうなんですけどね。頭で分かっていても、体が反応しないです! でも楽しかったです!

スパ太郎:こっちはヒヤヒヤだったよ! そっか、そっか! スロットル操作が出来てないんだね。 普段のロードバイクの街乗りではあまり意識しないけど、トライアルでは速度や路面状況にあわせて、もっと繊細なスロットル操作が必要だよ。でもスロットル操作がちゃんとできれば、普段の街乗りももっと楽しくなるヨ! ニガテが分かって良かったね!

そして、こーんなセクションにも挑戦しました!

セクションの下見

さきか:ココの右Uターンは、少し逆バンクになっていますね!

スパ太郎:おぉ! わかって来たねぇ。それに横幅が狭くて、Uターンやターンが多いセクションだから、自分の体重移動や、前輪と後輪がドコを通るのか…を意識して大きくライン取りをしないと、コース内で行き詰っちゃうヨ!

さきか:人の走行を見るのも、大事ですね!

スパ太郎:あっ! 観戦ツアーの方がスタートしたよ! ほらほら。前輪と後輪が通る位置が” 内輪差”で こんな風に違うでしょ? ちょっとイン寄りのラインだった為に、こんな風に前輪が行き詰ってしまった!

セクションにチャレンジ01 セクションにチャレンジ02

スパ太郎:あっ! 観戦ツアーの方がスタートしたよ! ほらほら。前輪と後輪が通る位置が” 内輪差”で こんな風に違うでしょ? ちょっとイン寄りのラインだった為に、こんな風に前輪が行き詰ってしまった!

スパ太郎:今度はヒームカの選手。ホラ! 予め、ちょっと外側のラインを通るコトで、大きく回れるから前輪が行き詰らない。こんな風に目線を少し前に置く事も大事なポイントだよ!

ヒームカの選手

スパ太郎:今度はヒームカの選手。ホラ! 予め、ちょっと外側のラインを通るコトで、大きく回れるから前輪が行き詰らない。こんな風に目線を少し前に置く事も大事なポイントだよ!

さきか:なるほどー。ライン取りって大事なんですねぇ。 じゃぁ、私もトライしてみます!

紗喜花ちゃん_01 紗喜花ちゃん_02 紗喜花ちゃん_03 紗喜花ちゃん初セクション通過

さきか:やったーー! 両足を何回もバタバタ着いて、4点で通過! 初めてセクションを通過できたーーー!!

スパ太郎:おぉ! やったね。 ココのセクション、結構難しいヨ! じゃぁ、オレもトライするね!

スパ太郎_01 スパ太郎_02 スパ太郎_03

さきか:えぇーー! なんで? もったいない! 岩まではクリアできていたのに、なんでもない所で、どうしてその後3回も足着いちゃうんですかー?

スパ太郎:一度バランス崩したら、つい足が出ちゃって。体制整えるのにまたバランス崩して思わず足が出ちゃった! 思うようにいかないから、悔しい。でもイメージ通りに走れたら、メチャクチャ嬉しい! だからトライアルは楽しいよね!

さきか:私はまだ、イメージ通りに走れてないですけど、イメージではクリーン出来てますヨ。 ほら! ボーリングだって、みんなストライクを狙ってイメージ出来てるんですよ! でも、ガーターになっちゃうのと同じです。

バイク女子仲間

意気投合した”バイク女子仲間”も出来て、イーハトーブを思いっきり楽しんでいる様子の紗喜花ちゃん。 いやいや。イーハトーブの楽しさって、まだまだこんなモノじゃないんです!
それはまた、次号でお伝えしまーす。

■紗喜花 LINK
紗喜花 Instagram:@sakikasss
紗喜花 Twitter:@sakikasss
モデルを務めるKENZOのHP:https://www.kenzo.com/en/suntosun/

■第40回 出光イーハトーブトライアル大会

開催日:2016年8月27(土)~28(日)
開催場所:岩手県 北緯40度線周辺地域
主催者:テレビ岩手、出光イーハトーブトライアル大会運営実行団
大会公式HP:http://www.sukaheru.net/~ihatove/


「出光・イーハトーブトライアル大会」に連れて行こう~!Part-4|バイク輸送・陸送・配送ならBAS