お役立ちコラム?column

最高速250km/hオーバー。「TEAM 無限」の電動バイク!

東京オートサロンに展示されてるぞ

  今年の東京オートサロンは、事務所の後輩でバイク女子、モデルの"紗喜花"を連れて行きました! 彼女はバイクもクルマも、旧車・絶版車、カスタムが大好きで目が爛々!!
  でもボクは、最新の技術が結集された“電動レーサーマシン”も見せたい! と、ホンダブースの「無限コーナー」へ連れて行ったのです。

スーパーフォーミュラカー

さきか:コレですか?

スパ太郎:コレは、「スーパーフォーミュラカー」でしょ! 見せたいのはコレじゃなくて、「無限」が開発している最高速250km/hオーバーの電動バイク! いや、”電動レーサーマシン”!!

さきか:えっ? 電動バイクって、そんなのあるんですか? 電動って言うと、おじいちゃんやおばあちゃんが乗ってる乗り物…のイメージがあります!

スパ太郎:それは、セニアカーでしょ!?

コレが、無限の電動レーサーマシン
2013年の神電貮(SHINDEN NI)。ジョン・マクギネス選手。

2013年の神電貮(SHINDEN NI)

ねっ! パワフルな感じ伝わってくるでしょ?
実はボク、6年程前から“電動バイクレースの最高峰”と言われるマン島TTのゼロエミッションクラス、「TT-Zero」に参戦するTEAM無限の電動バイクを、取材させて貰っていているのです。実はこの写真の2013年時点では、まだ無限は優勝できず、2位だったのです。

実を言うと最初はボクも、「電動バイクって、遅いんじゃないの?」と思ってました! だって国内で電動バイクといえば、原付一種(50ccクラス)の電動バイクが主流ですモンねぇ。国内で走る電動バイクのイメージから、電動バイク=パワーが無い 面白くない…と、思ってました。

スパ太郎:ラジコンってさ、スイッチをONにすると「ガガガーーー!」って、いきなりMAXで走りだすでしょ! モーターってスイッチをONにすると、いきなりMAXパワーになる特性があるんだって! コレって、エンジンではあり得ないメリットだよね!

さきか:そう言われてみると、スイッチONで全開で走りますね!

スパ太郎:でも乗り物がいきなりMAXになったら危ないでしょ! だからコントローラーっていう電気を調整する装置で、スロットル操作に合わせたスピード調整ができるようになっている!

さきか:ほう!

スパ太郎:おじいちゃんやおばあちゃんが乗ってる“セニアカー”も、MAXで走らないようにコントロールされている。同じように、原付の電動バイクも、MAXで走らないようにコントロールされているんだよ。

さきか:スピードが出るセニアカー、それはそれで楽しそうですけどね!

スパ太郎:それじゃぁ、セニアカーとは言わないでしょ(怒!) だからホントは電動バイクって、エンジンに比べてとてもトルクがあって、グイグイ走る特性を持つ乗り物なんだよ!

さきか:へぇ~。そうなんですね!

スパ太郎:マン島TTは、一般公道で行われるロードレース。1907年(明治40年)から開催されている世界一歴史があるオートバイレースだよ! コースは1周60.7㎞、コーナーは210以上もある。民家の壁や道路標識などがある一般道を、トップライダーの最高速は300km/hを超え、平均時速も200km/hを超えているからスゴイよね!(エンジンバイクね)。

スパ太郎:CO2を排出しないTT-Zeroチャレンジクラスは、2009年から行われていて、TEAM無限は2011年からTT-Zeroに電動バイクレースに参戦している。  無限は参戦計画通り、3年目で初優勝とワンツーフィニッシュ!(2014年の神電参)。 以来「神電四」、去年の「神電伍」と3連覇を果たしているんだ!

2連覇した、2015年の優勝マシン「神電四」
ライダーはジョン・マクギネス選手!!

2015年の優勝マシン「神電四」

スパ太郎:「神電伍」になると、660ccのエンジンのレーサーマシンよりも速いそうだよ!
  でもさぁ。6年近くも取材しているのに、まだオレ、一度も神電には跨ったコトがないんだよねぇ~。そりゃぁ無限のバイクだし、それだけ敷居が高いというか、貴重というか……。

さきか:そうなんですか? 私、もう跨ってます!!
神電四

スパ太郎:えぇぇーーっ!?  コレ、2015年 に2連覇した、ホンモノマシンの「神電四」だよ!!  オレよりも先に、なんてコトを!!!

神電四と紗喜花01 神電四と紗喜花02

さきか:そうですか? みんな跨れるみたいですよ! おっ、スゴイ! コレ、リーンを再現できますよ! 意外にもコンパクトな感じで、しかもニーグリップしやすい!

スパ太郎:でもなんか…、ライディングポジションが”ヘッピリ”だよ! 早く交代してよ!

神電四とスパ太郎01 神電四とスパ太郎02

スパ太郎:おおぉ! 取材6年目にしてようやく跨れた感動! でも紗喜花に先に越されてしまって、チョッピリ悔しい気持ちも…。
(だって紗喜花は、無限の"神電"に対して、何の思入れもないモンね!)

さきか:スパ太郎さん、大人げないですよ!(笑) そう言うスパ太郎さんも、ライディングポジションが”ヘナチョコ”に見えます!

スパ太郎:このマシンさ、誰が乗って優勝したか、知ってる? マン島の大スター選手の、ジョン・マクギネスだよ!

ジョン・マクギネス選手とブルース・アンスティ選手
2015年の表彰式。
右が優勝2連覇のジョン・マクギネス選手。
左はチームメイトで2位のブルース・アンスティ選手。
神電伍(SHINDEN GO)

さきか:こっちのバイクは何ですか?

スパ太郎:おぉ! コレが去年の優勝マシン、神電伍だよ! ライダーはブルース・アンスティ選手。

神電伍(SHINDEN GO)開発現場の様子

スパ太郎:コレね。「神電伍(SHINDEN GO)」の開発現場の様子。カーボンファイバーのバッテリーを収納するBOXが、フレームにもなっていて、スイングアームもカーボンファイバー。「神電伍」から自社製モーターと、コントローラー、インバーターを搭載している。

神電伍(SHINDEN GO)

【神電伍スペック】
マン島TTでは、660ccクラスよりも速い

  • 時速270km/hオーバー
  • 最高出力(kw[ps]):120[163.2]
  • 最大トルク(N/m[kgf/m]):210[21.4]
  • 車両重量(kg):250
  • CFRP製モノコックフレーム
  • 油冷式三相ブラシレスモーター
  • バッテリー出力電圧:370V以上

さきか:無限は今年もマン島に参戦するんですか?

スパ太郎:そうそう。参戦を発表した! 3月24日(金)の東京モーターサイクルショーで、参戦マシンがお披露目される予定だよ!

■3月24日(金) 14:40~15:10
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西展示棟 アトリウム特設ステージ
東京モーターサイクルショー2017
  TEAM MUGEN「神電 六(SHINDEN ROKU)」マン島TTレース参戦発表会

さきか:そうなんですね! 東京モーターサイクルショー、BASBBBのブースと併せて楽しみですね!! スパ太郎さんの話しを聞いて、電動バイクってスゴイんだなーって思いました。日本から参戦するTEAM無限の活躍、私も応援します!

スパ太郎:それがさ! 現地からのマンクスラジオで、レース中継がPCやスマホで聞けちゃうんだよ! 決勝レースは6月7日(予定)とまだまだ先だけど、オレはいつも現地からの中継をラジオで聞いてるヨ!
※この原稿書いている今も、マンクスラジオBGMに聴いてマス!

ジョン選手と、ブルース選手

去年のマン島レース前、もてぎサーキットで行われた神電伍のテスト走行の為来日した、ジョン選手(向かって左)と、ブルース選手と自撮りしました! 2人とも世界のトップライダーなのに、メッチャ気さくで優しい!

■マンクスラジオ Manx Radio
Manx Radio http://www.manxradio.com/
※当日のレース中継は、AM 放送をクリック!
※スマホで聴けちゃうアプリもあります

■無限の電動レーサーマシン 神電情報
TEAM 無限 http://www.mugen-power.com/

■近藤スパ太郎LINK
Official blog:近藤スパ太郎の『Riding High ~♪』

■紗喜花 LINK
Official blog:紗喜花の『納豆チャージで今日もスマイル!』
紗喜花 Instagram:@sakikasss
紗喜花 Twitter:@sakikasss
モデルを務めるKENZOのHP:https://www.kenzo.com/en/suntosun/


最高速250km/hオーバー。「TEAM 無限」の電動バイク!| バイク輸送・陸送・配送ならBAS