お役立ちコラム?column

バイクの引っ越し基礎知識

バイクの引っ越し基礎知識

引っ越しをするとなると、荷物を梱包したり掃除をしたりやることが多くててんやわんやしてしまうもの。それに加えてあなたの相棒であるそのバイクにも、住所変更などの各種変更手続きが必要になってくるのです。
引っ越し直前にパニックになってしまわないよう、今のうちからバイクの引っ越しの基礎知識を身に着けておきましょう。

手続きの方法

●~125ccの原付バイク

持ち物

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • 廃車証明書
  • 前市町村で廃車していない場合は元のナンバープレートと標識交付証明書

125㏄以下の原付バイクを持っている場合は引っ越しで市町村が変わる場合、今住んでいる市町村でナンバープレートを返納し、廃車申告受付書をもらう必要があります。しかし廃車手続きをしてしまうとそのバイクで公道を走ることができなくなってしまいますので注意が必要です。それでは困る!という方は、引っ越し先の市町村に標識交付証明書・印鑑・ナンバープレートを持っていき、そこで廃車手続きと登録手続きを同時に行うことも可能です。

【バイク輸送のご相談はBAS】
ツーリングにも利用できる?BAS 料金検索<デポtoデポ>

●126㏄~250㏄のバイク

持ち物

  • 印鑑
  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証記入申請書
  • 自動車損害賠償責任保険証書
  • 住民票
  • 運輸局の管轄が変わる場合はナンバープレート

排気量126㏄~250㏄の軽二輪のバイクは、同じ陸運局の管轄内で引っ越しをする場合はナンバープレートの変更がないのでそれ以外の下記の持ち物をもって陸運局に登録に行きます。引っ越しで陸運局の管轄が変わる場合はナンバープレートも持参し、手続き後に新しいナンバープレートに変更してください。新しいナンバープレートの購入代金も持っていくとよいでしょう。

●251㏄~のバイク

持ち物

  • 印鑑
  • 自動車検査証
  • 手数料納付書
  • 申請書
  • 住民票
  • 運輸局の管轄が変わる場合はナンバープレート

こちらも手続きの方法は軽二輪のバイクと同様で、引っ越しで陸運局の管轄が変わる場合はナンバープレートを持参する必要があります。ただし排気量の大きさによって持ち物が変わるため、注意しましょう。

バイクはどうやって輸送する?

このような手続きを行うことで、新天地でもバイクを存分に乗り回すことができるようになるんですね。

しかし、手続きだけでバイクの引っ越しは終わりません。元の市町村で廃車手続きを済ませてしまった原付バイクや、遠方の引っ越し先へのバイク移動には手を焼くものです。特に原付の場合だと手間をかけて輸送をするよりも、売ったり廃車にしてしまったりしたほうが手っ取り早いと思われがちですが、自分の乗りなれた相棒を次の町にも連れて行ってあげたいですよね!バイク輸送を手軽に済ませ、少しでも引っ越しのストレス・負担を減らしたいという方には、株式会社BASのバイク輸送サービスがおすすめです!

バイク輸送・陸送ならBAS

BASのバイク陸送はバイク配送専用トラックによっておこなわれるため、一般の貨物と一緒に運ぶことはなく、もしもの場合に備えて保険によるバックアップ体制も万全に整っています。また、定期運行による物流を大量に確保することで低価格な輸送を実現していて、日本全国に配送拠点を持っているため、デポ(輸送拠点)を利用してバイクをお預け/お引取りいただいた場合、さらに安く・早い納期でバイクをお引越し先にお届けすることができます。4メーカーの新車輸送や大手引越し会社の輸送基準もクリアしており、業者から一般ユーザーまで広く人気があるBASの陸送サービス。自分のご都合に合った輸送プランを見つけ、引っ越しをスムーズに進めましょう。


バイクの引っ越し基礎知識