お役立ちコラム?column

引越しの手続きは何をする?やるべきことを時系列でわかりやすく解説

h引っ越しのおうち

  引越しをする際には賃貸の解約や役所での手続きなど、やるべきことがたくさんあります。大事な手続きを忘れてしまうと、引越し先から以前住んでいた地域までわざわざ出向かなければならなくなったり、トラブルが生じたりして面倒なものです。そこで、この記事では、引越しの手続きとしてやるべきことについて、漏れなく行うために時系列でわかりやすく紹介します。

引越しで必要な手続き1:3カ月前に行うこと

  引越しを決めたら、3カ月前くらいを目安に準備を始めていきましょう。まず、賃貸物件を利用していた場合には、物件を管理する会社や大家さんに退去の申し出をします。一般的には、遅くても引越し日の1カ月前までに申し出ておくことが必要です。ただし、退去の申し出のルールは契約内容によって異なっています。正確な申し出の時期については、きちんと自分の賃貸契約書を確認しておくようにしましょう。また、駐車場を契約している人は、住居と同じく、契約書に記載されている内容に従い解約の手続きを進めておかなければいけません。

  引越し日が決まったら、検討している引越し業者に見積もり依頼を出します。業者によって料金やサービス内容に違いがあるため、見積もり依頼は複数の業者に行い、十分に比較・精査してから依頼先を決めるようにしましょう。加えて、インターネットを利用している場合には、回線の移転手続きも忘れてはいけません。インターネットの引越しには、大きく分けると2つの方法があります。1つが継続のための移転、もう1つが旧居で解約して新居で新規に契約する方法です。継続する場合も、解約して新規契約する場合も、申込をしてから実際に使用できるようになるまで、ある程度の時間を要します。そのため、新居ですぐに使用したい場合には、遅くても1カ月前、引越しシーズンの繁忙期なら1カ月半前までの申し込みをしておいたほうが安心です。

  引越し日が決まったら、検討している引越し業者に見積もり依頼を出します。業者によって料金やサービス内容に違いがあるため、見積もり依頼は複数の業者に行い、十分に比較・精査してから依頼先を決めるようにしましょう。加えて、インターネットを利用している場合には、回線の移転手続きも忘れてはいけません。インターネットの引越しには、大きく分けると2つの方法があります。1つが継続のための移転、もう1つが旧居で解約して新居で新規に契約する方法です。継続する場合も、解約して新規契約する場合も、申込をしてから実際に使用できるようになるまで、ある程度の時間を要します。そのため、新居ですぐに使用したい場合には、遅くても1カ月前、引越しシーズンの繁忙期なら1カ月半前までの申し込みをしておいたほうが安心です。

  子供がいるのであれば、転校の手続きも必須です。役所と学校のそれぞれで手続きが必要となります。私立の学校や高校の場合には、編入試験を受けなければならないこともあるので、事前に確認しておくようにしましょう。さらに、余裕をもって早めに済ませておきたいのが火災保険の住所変更となります。引越しをした当日から保険が適用されるようにしておく必要があるからです。手続きの方法は、引越し元と先が賃貸か持ち家かなど住居形態によって異なってきます。ほかには、粗大ごみの処分手続きも進めておくと引越し間際に慌てることがありません。一般のごみとは異なり、粗大ごみを捨てるためには事前に予約が必要だからです。引越しに間に合うように、自治体に処分の申し込みと手数料の支払いを済ませておきましょう。

引越しで必要な手続き2:2週間前に行うこと

  2週間前になったら、水道・ガス・電気の利用停止の手続きを行います。立ち合いが必要な停止作業の日の予約は、電気などが使用できなくなってもよい日時を指定しましょう。さらに、新しい住所に郵便物が届くように郵便局で住所変更を行います。郵便局では、引越し後1年間は自動的に新住所へ転送してくれるサービスもありますが、後で行おうとすると忘れやすいため早めにやっておいたほうが安心です。

  加えて、引越し先が別の市区町村なら、役所に転出届を提出しなければいけません。ただし、同じ市内にある別の区への移動である場合には転出届が不要なケースもあります。届け出の際に発行された転出証明書は、引越し先で転入手続きをする際に必要となるため失くさないように保管しておきましょう。さらに、印鑑登録をしている場合には抹消手続き、原付の所有者は廃車手続きとナンバープレートの返却も必要です。加えて、国民健康保険の加入者は、役所で資格喪失手続きも済ませておきます。対象となっている子供がいるなら、児童手当の住所変更手続きも大切です。児童手当の受給事由消滅届を提出しておきましょう。

引越しで必要な手続き3:当日に行うこと

  引越し当日は、旧居と新居それぞれで>ライフラインに関わる手続きや作業の立ち会いがあります。旧居ではガス・水道の使用停止の立ち会いをし、新居では電気・水道の使用開始の手続きとガスの開栓の立ち会いが必要です。電気や水道は通常、自分で開栓を行います。また、すべての荷物を住居から出して掃除を行い、引越し作業が終了したら、鍵を返却して旧居を明け渡さなければいけません。明け渡しの際には、管理会社の人や大家さんが室内の確認をするために立ち会うこともあります。

引越しで必要な手続き4:引越し後に行うこと

  新居に引越したら各種、転入・変更手続きを行います。まず、役所で行うのが、転入届や転居届の提出です。これらは引越しした日から14日以内に行わなければいけません。併せて、マイナンバーに登録している住所の変更も済ませておきましょう。住所変更の手続きは、ほかにも、免許証や銀行口座、クレジットカードなども忘れずに行うようにします。さらに、子供がいる場合には、転校手続きも必要です。引越し後に役所で転居届もしくは転入届を提出して「入学通知書」の発行を受け、新しい学校で必要となる書類と併せて届け出ます。提出場所は公立の学校なら役所内あるいは隣接してある教育委員会の窓口、私立の場合は学校の窓口です。

  車を所有している人は、車庫証明の取得申請も忘れずに行いましょう。所有する車が自家用車の場合には車庫証明の住所変更も求められます。税金や保険、リコールの案内の送り先となる所有者の住所が変わるからです。ただし、二輪の小型自動車・二輪の小型特殊自動車・軽自動車は対象外となります。加えて、該当する人は引越しした日から14日以内に国民年金の住所変更と国民健康保険の加入手続きも済ませておかなければいけません。国民健康保険の手続きは忘れてしまうと、医療費を全額自己負担しなければならない場合もあるため要注意です。また、引越し先が他市区町村の場合には、印鑑登録や原付の登録、児童手当の申請も行っておきましょう。

【バイク輸送のご相談はBAS】
ツーリングにも利用できる?BAS 料金検索<デポtoデポ>

引越しの際にバイクの移動はどうすればいい?

  引越し先が近所であれば、自分でバイクを運転して移動することも可能です。ただし、引越し当日が悪天候であったり、新居が遠方であったりなどすると、自走による移動が難しいケースもあるでしょう。排気量が125cc未満の原付などであれば、高速道路の利用ができないため、さらに、時間がかかるうえ、体への負担も大きくなります。このようなことからも、無理なくバイクの引越しを行いたいなら、バイク輸送サービスの活用が便利です。バイクに特化したサービスで、新居までスムーズにバイクを届けてもらえます。

引越しの際のバイク輸送サービスの選び方

  バイク輸送サービスを提供している業者は100あれば100通りのサービス対応です。数ある業者のなかから信頼できる依頼先を選ぶためには、スタッフの対応をチェックするのもポイントとなります。多くの場合、親切で手厚いサービス対応をしてくれるスタッフがいるところは、仕事に対しても丁寧な姿勢が見られるからです。また、バイクに特化した輸送サービスを行っているところもおすすめとなります。バイク輸送時に専用車を使用しているか、万一の事故に備えて各ルートでの輸送保険や、各デポでの自動車管理者賠償責任保険に加入しているかは確認しておきたいポイントです。さらに、デポの設置数もチェックしておきましょう。デポとは輸送されたバイクが集まる物流の拠点です。旧居から新居への配送ではなく、デポを発送元や配送先にし、デポで持ち込みや引き取りを行えば、配送料金を節約することができます。まずは料金検索をして、大体の値段を把握しておきましょう。

▶料金検索はこちらから

引越しの際のバイク輸送ならBASで!

  年間27万台の輸送実績を誇るバイク輸送を専門としたBASなら、引越しの際に大切なバイクを不安なく任せることができます。BASは、専任のオペレーターが予算や日程を考慮しながら個々のニーズに合わせたバイク輸送の提案をしてくれるなどサービスの品質が良いため、信頼性の高さに定評がある会社です。バイクを輸送するときに使用するのは専用車で、輸送保険・自動車管理者賠償責任保険に加入している点も安心できます。さらに、何かと手続きが多く忙しくなりがちな引越しでは、見積もりから申し込みまでスピーディーに行えるBASは便利です。加えて、費用を少しでも抑えて安全に輸送したいと考えている人でも、デポの数が多いので幅広い地域で利用できます。

引越しで必要な手続きは事前に把握していこう!

  引越しをする際には大切な手続きがたくさんあるため、やるべきことを事前に把握し、やり残しなく行えるようにリストアップしておくとよいでしょう。バイクの移動に関しては、専門のサービスや経験を持った輸送業者に依頼すると安心です。全国規模のネットワークと万全の補償体制を持ち、実績豊富なBASに依頼してみてはいかがでしょうか。

バイク輸送・陸送・配送なら BAS

引越しの手続きは何をする?やるべきことを時系列でわかりやすく解説