お役立ちコラム?column

私のトランポ生活 シーズン1

2017年春我が家にやってきたCRF125F。
CRF125Fはナンバー付きではないコース専用車で
移動する際は車にバイクを積んで移動することになります。

それまではレンタル車両でオフロードコースを走っていたのですが
すっかりハマってしまい
毎月レンタルで乗るくらいなら自分のバイクを持とうかな。
と、いうわけでCRF125Fを迎えることになりました。
当時クルマは所有していなかったのですが
このCRF125Fを積載するための車も合わせて探すことに。

トランポというと・・・
大きなバンをイメージしていたのですが
私が用意できた予算では到底無理。
同じタイプのバイクを持っていた知人に
軽自動車でも載せられることを聞き
知り合いの車屋さんにCRFが積めて安く乗れる中古車をオークションで探してもらうことになりました。
車屋さんご自身もモトクロスをされている方なので予算を伝えてあとはお任せ。
こうして見つけていただいたのが
バモスホビオ。
その価格は42万円ちょっとで
走行距離は確か12万kmくらいでした。

ニコニコ現金払いの私にとっては精一杯のお買い物でした。

バモスホビオは
バモスよりも高さに余裕があることと二列目のシートを倒すとフラットになるので
バイクも積みやすいのでは
ということでした。
言うことなしの車に大満足。
少々の傷なんぞ気になりません。

車以外に積載に必要なもの
●車に乗せるためのラダーレール
●バイクを固定するタイダウンベルト
もちろん、色は車に合わせた赤色のものに。
●ラダーレールで乗せるときに自分が乗る台
これはニトリで買った折りたたみのものを使用。

さらに車内のふわふわしたシートを傷めない様に板を敷くことに。
ホームセンターで板を買い、シートを戻したときに板も収納できるように3分割。
これはサイズを測ってホームセンターの方にお願いしました。
自分でやるとなると大変だし綺麗に仕上がってくるし便利なサービスです。

着替える時は1000円で購入したカーペットを敷くこともありました。

それにプラスして板の上に敷くシートを購入。
これはブルーシートの色違いバージョンにしました。
これでバイク積載グッズはOK
それ以外には、ガソリン携行缶こちらは使わなくなったというものを頂きました。

コンパクトな車両にバイクに加えて
ガソリン携行缶やウエア、ヘルメット、ブーツなど走行時に必要な積むには場所を取り過ぎてしまうので
知人の真似をして
農作業用のカゴを購入し
重ねて積めるようにしました。
黄色だといかにもな雰囲気なので黒のカゴに。
このカゴはトランポ生活が続く中でモトクロスの装備だけでなく
イベント用の用品や鍋や飲み物の水筒を入れたりと

不安定なものを入れて持ち運ぶときにも重宝しています。
こうしてバモスホビオの準備もでき
預けていたCRF125Fを受け取りに行くことに

唯一の不安はバイクを一人で積載できるかということ。
見よう見まねで初めは他の方に見てもらいながらの積載。
慣れるまではバイクを積むのに随分時間がかかっていました。
エンジンをかけて少しずつクラッチを繋いで動力で載せる方法もあるのですが
「ぶぉん」とバイクが前に出ちゃったらどうしようとか
心配だらけだったので
必要に迫られなければこの方法ではなく
自分の力で乗せる方法でほとんどやり過ごしています。

軽い車両だからできるというのもありますが
それでも
慣れるまではぐったりでした。
たっぷり走行した後は体力を使い果たしバイクを載せようと思ったら、
最後の一押しの力が出ずラダーレールをバックしてしまうなんてこともありました。
そんなこともあり
ものすごい助走距離をつけて勢いで乗せる作戦に。
私のイメージではトランポに乗せるときみんなそうやって乗せているもんだと思っていたら
周囲から見ると勢いつけ過ぎて逆に怖いと大爆笑されました。

そんなこんなんで試行錯誤しながら
今やちゃっちゃと載せたり降ろしたりできるようになりました。

車に乗せてからのバイクの固定は
私の場合は
バイクを固定する場所が決まったらギアをローに入れて
フロントブレーキをタオルでぐるぐる巻きにして前後に動かないようにしてから
左右からタイダウンベルトで車体が傾かないように固定しています。
タイダウンベルトの引っ張り加減がよくわからないときは力一杯引っ張っていたのですが
傾きがなく引っ張った状態でぐらつきがなければよし!
と、しています。

言葉で説明するとなんだかややこしいく見えるかもしれませんが
実際はそうでもないので
いつか動画で見せたいなと思います。

こうして始まったトランポ生活。
走行後は車内で休むことができたり
コストコで買い物もできるようになったり
バイクでは運べない荷物を運べるようになったりと、
便利になったことの方が多くて。
雨の日はついつい車に乗ってしまったり
だいぶ頼りにしていました。

私とバモスホビオのトランポ生活は2年間の時を経て
新たなトランポ生活へ移ることになりました。

現在思案中につき完成したらまたお伝えしようと思います。

【バイク輸送のご相談はBAS】
トランポじゃ無くて、BASでの配送しちゃうのもオススメです料金検索<デポtoデポ>どんな輸送も、一度ご相談ください。


私のトランポ生活 シーズン1~しばコラ~|バイク輸送・陸送・配送ならBAS