お役立ちコラムcolumn

プロのみが参加できる、業者専用オークションとは?

オークションと言えば、私たち一般ユーザーにとっては「ヤフオク!」「モバオク」といったインターネットオークションが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか? しかし、各業界で一般参加不可の業者専門のオークションというのが存在します。当然、バイク業界にも業者専門のオークションがあり、多くの中古車が取引されているのです。今回は、国内における業者専門のバイクオークションについて、詳しくご紹介していきます。

国内のバイクオークション会社

日本国内における業者向けのバイクオークションは、大小合わせて全国約10カ所で開催。中でも大規模に開催しているオークションとして、BDSオークション(BDS)ジャパンバイクオークション(JBA)i-moto-auc(オークネット)アライオートオークション(荒井商事)などが挙げられます。バイクショップに並んでいる中古車両は、自社の下取り車両という場合もありますが、ほとんどがこうした業者専門のオークションから仕入れられているのです。一般ユーザーは立ち入ることができない専門オークションですが、オークション代行を行っているショップを利用すれば、こうしたオークションから目当ての車両を探してもらうことができます。生産終了となっているモデルや旧車など、なかなか目当ての車両が見つからない!といった方は、こうしたオークション会社に加盟したショップに依頼し、探してみるのも手かもしれません。

【バイク輸送のご相談はBAS】
お引越時のバイク輸送もBAS 料金検索<デポtoデポ>

大手のオークション会社について

ここからは、上記で挙げた大手バイクオークション会社、4社について解説していきます。それぞれのオークションによって異なる特徴を持っており、バイクショップは自社に合ったオークションを選んで入会しています。ショップによっては複数のオークション会社に加盟しているという場合もあります。

①BDSオークション
https://www.bds.co.jp/

柏の杜会場(千葉県柏市)、関西会場(大阪府堺市)、九州会場(福岡県太宰府市)の3会場を有する、国内最大規模のバイクオークション運営会社です。中でも基幹会場となる柏の杜会場は、敷地面積37,500坪、東京ドーム約2.5個分という広大な敷地に、最大5000台もの車両が収容できる二輪車展示場が備わっています。会員数は約5000店、出品台数は3会場で毎週3700~4200台で、国内No.1のシェアを誇っており、毎週水曜(柏の杜)と金曜(関西・九州)に開催される「定例オークション」に加え、部品取り車専門の「蚤の市オークション」、二輪用品・パーツオークション「サイバーオークション」と、バイクに関するオークションを幅広く開催しています。

◎入会条件(A~G会員)

1.設立2年以上の二輪販売店様(オートバイ、自転車)
  a.店舗があること

2.設立2年以上の四輪取扱店様
  a.認証工場があること

3.法人設立後2年以上の貿易会社様
  a.資本金1,000万円以上
  b.連帯保証人 第三者二名
  c.保証金は別途設定

◎必要書類

1.運転免許証のコピー(古物商名義人様)
2.BDS入会審査申請書(連帯保証人様が必要)
3.古物許可証のコピー(必須)
4.法人の場合は商業登記簿謄本または現在事項全部証明書
  個人の場合は古物商許可証名義人の家族全員の住民票
5.店舗の写真(全景、展示場、内景各1枚)と古物商名義人様の顔写真

BDSオークションは「設立2年以上の店舗のある会社」が入会条件となっており、比較的審査が厳しいことが特徴として挙げられます。厳格にショップを管理しているため出所不明の車両は一切なく、メーター改ざんの車両や盗難車なども厳しくチェックされており、高品質の車両が多いという部分も特徴として挙げられます。一方で、最近では簡易審査で入会可能な応札専門会員「L会員」という新たな会員区分が誕生したため、設立間もないバイクショップや個人でバイク販売を行っている方でも、インターネット応札のみではありますが、BDSオークションで車両を落札することが可能となっています。

②ジャパンバイクオークション(JBA)
http://www.j-ba.co.jp/

JBA神戸(兵庫県神戸市)、JBA横浜(神奈川県横浜市)の2会場を有するジャパンバイクオークション。神戸会場は毎週火曜日、横浜会場は毎週金曜日にオークションを開催しています。JBAの会場もBDS同様に全天候型の車両展示場が備わっており、約2,000坪の展示場内に様々な車両が展示されています。出品台数は神戸会場で1000~1200台、横浜会場で1300~1500台で、BDSに次ぐ出品規模となっています。

◎入会条件

1.JBAの運営方針に賛同し、会員契約締結した者
2.古物許可証を有する者
3.二輪車に関する業歴として、1年以上の経験を有する者
4.二輪車販売店と認識できる店舗を有する者
5.二輪車オークションの現車会場の特性を理解している者
6.その他、JBAが参加資格を承認した者

◎必要書類(個人は別途規定有)

1.会員登録契約書
  a 法人契約
  b 代表者の連帯保証
  c 第三者の連帯保証
2.印鑑証明書
  a 法人
  b 代表者
  c 連帯保証人
3.商業登記簿謄本
4.入会登録台帳
5.口座振替依頼書
6.古物手帳コピー

③i-moto-auc(オークネット)
http://www.aucnet.co.jp/

i-moto-aucは東京都港区に本社を構える株式会社オークネットのバイクオークションです。他社とは異なり、現車会場を持たず店頭車両をそのままオークションに出品することが可能となっています。会場にバイクを搬入する必要がないため、仕入と業販にかかる時間を短縮できるのが特徴。全国4,000社を超える会員が参加しており、毎週木曜に開催されるオークションには、約1,000台の車両が集います。また、オークション以外にも「モトバザール」という24時間・365日検索可能な「共有在庫市場」を展開しており、全国4,000社の登録店頭在庫、約5,000台をワンプライスで購入することが可能です。

◎入会条件

入会条件は株式会社オークネットまでお問い合わせ下さい

④アライオートオークション(荒井商事)
http://www.araiaa.jp/

アライオートオークションはベイサイド会場(神奈川県川崎市)と福岡会場(福岡県古賀市)で行われている二輪と四輪のオークションで、バイクは毎週火曜日に開催。上記2会場のほか、愛知ヤードと神戸ヤードも展開しており、各ヤードでの出品はベイサイド会場、福岡会場で映像出品されています。出品台数はベイサイド会場で毎週800~1,200台、福岡会場で250~600台となっており、四輪オークションと同会場で開催しているため、四輪会員の取引も多く、自動車とバイクの混載輸出など、各社の利便性に答えた輸出サービスも展開しています。

◎入会条件

古物商許可証を有する者で、自動車・二輪車・建機・農機等の商いを主たる業務としていること。また、事業設立及び古物商許可証を受けてから2年経過しており、営業時間内に連絡の取れる営業拠点もしくは整備工場を持ち、現に営業活動を行っていること。

◎入会条件(二輪正会員)

1.アライオートオークションが開催するバイクオークションが利用可能
2.入会時、第三者連帯保証人が必要
3.入会金2万円・保証金3万円
4.与信限度額300万円 ※審査により上限変更可能

◎入会条件(二輪ライト会員)

1.アライオートオークションが開催するバイクオークションが利用可能
2.保証金額により、落札与信額を設定
3.第三者連帯保証人が不要
4.AI-NETリアル入会必須

中古車の相場を形成するオークション

市場に流通している中古バイクの多くは、上記のような業者専門のオークションを通じて市場に流れています。年式や走行距離など、個体差の大きい中古バイクであっても、セリにかけられ価格競争が発生することで、適切な相場が形成されていきます。これは、バイク業界に限ったことではありません。クルマやブランド品、美術品などもまた、オークションが存在することで相場を形成し、世に適正価格で流通しているのです。一般ユーザーにとってなかなか馴染みのない業者専門オークションですが、行きつけのショップがどのオークションを利用しているのか聞いてみるのも、特徴が分かって面白いかもしれません。

【バイク輸送のご相談はBAS】
お引越時のバイク輸送もBAS 料金検索<デポtoデポ>


プロのみが参加できる、業者専用オークションとは?
 のトップへ