お役立ちコラム?column

北海道ツーリング・別海町ふれあいキャンプ場編!

ツーリングライダーに優しい道東のキャンプ場

別海町ふれあいキャンプ場
ライダー歓迎と謳っている別海町ふれあいキャンプ場
2016年よりバイクの通路駐輪が禁止となったが、新しくライダー向けのバイクサイトが併設された。サイトにバイクと一緒に宿泊が可能だ!

北海道のキャンプ場は数あれど“ライダー大歓迎”と謳っているキャンプ場はあまり見た事はない。今回ご紹介する別海町ふれあいキャンプ場は、ホームページにも記載されているように、その数少ない“ライダーを歓迎してくれる”キャンプ場のひとつだ。

ライダー専用とも言えるようなサイトに近い駐車場があったり、その近くのフリーサイトには一部ではあるが屋根付きだったりとライダーへの配慮が嬉しい設備がある。また、オートサイトエリアとも少し離れているため、家族連れのキャンパーさんたちに迷惑をかけないでライダー同士でキャンプを楽しむこともできる。ライダーが多く使うフリーサイトは、フカフカな芝生が生えたサイトで快適なキャンプが楽しめるのもイイ!

また、管理棟の隣には有料ではあるが洗濯機と乾燥機が用意されているので、早めにチェックインして長旅で溜まった衣類を洗濯することができる(利用時間は管理人さんに要確認)。ゴミは有料のゴミ袋を購入することで、分別後に管理棟で引き取ってくれるのでライダーにとってはとてもありがたいサービスだ

【バイク輸送のご相談はBAS】
新千歳デポで北海道ツーリングがより便利に 料金検索<デポtoデポ>

おひとりさま大歓迎!
レンタルキャンプ用品も充実!

北海道ツーリングをしていると、出逢うライダーたちとの話しの中にたびたび出てくる“キャンプ”というワード。そのワードに引っかかり、予定はしていなかったのに「急にキャンプがしたくなった」なんて経験をしたライダーもいるのではないだろうか。しかし、キャンプの装備は持っていない…。町のホームセンターで簡易的なキャンプ用品を購入することもできるが、予定外の荷物が増えてしまって翌日には困る…。そんなライダーには、ここ別海キャンプ場がおすすめ。キャンプ用品のレンタルが充実しており、手ぶらできてもキャンプが楽しめるからだ。

ちなみにレンタルできる用具類は、テント(500円)、寝袋(200円)、毛布(300円)、電気コード(200円)、電気使用料(200円)。これだけあれば、飛び込みでキャンプができる!※但し、入場料とテントサイト使用料金も必要デスよ! 急にキャンプがしたくなっても、道東まで我慢して来ることができれば、余計なお金を使わずとも楽しいキャンプを堪能できるのが別海町ふれあいキャンプ場なのだ。

BBB キャンプクッキング
キャンプクッキング 簡単コンビニ編
最高の眺めと新鮮な空気、そして大好きなバイクがあれば、もう何を食べてもおいしいのだが、今回は超手抜きのキャンプ料理をご紹介。

それと町中にも約2kmと近いので、コンビニエンスストアやドラッグストア、スーパー、ホームセンター、ガソリンスタンド、病院なども近く利便性も高いので、急に入り用になったものやキャンプの雰囲気を盛り上げるためのグッズなども手に入れやすい。さらに温泉は歩いていける距離にある。キャンプ場の隣に位置する“べっかい郊楽苑”という天然モール温泉を有する温泉ホテル(日帰り入浴料は500円)で、キャンプ場から歩くとゆるやかな登り坂になっているが、周りに広がる雄大な景色を見ながらゆっくり歩いても5分もかからず到着する。館内にはレストランもあるので、キャンプには邪道かもしれないが風呂上がりの一杯や食事までも楽しむこともできる。

地球が丸く見える開陽台や納沙布岬観光の拠点にも!

ここ別海町ふれあいキャンプ場は、野付郡の別海町町役場近くでほぼ国道243号線沿いに位置している。この国道243号線は根室と摩周を結んでいる国道で、根室市では国道44号線に接続している国道だ。あまりピンとこないかも知れないが、開陽台から約38km、ルパン3世の作者であるモンキーパンチ氏の生誕の地である浜中町から約35km、納沙布岬から約80km、摩周から約60kmという位置にある。少しだけ分かり易く言えば、道東の根室と中標津の中間付近に位置する。別海町で有名なスポットは28kmにもわたる砂嘴(さし)の野付半島。荒涼としたトドワラが広がる景観が圧巻な半島であり、先端まで行ったことのあるライダーも多いだろう。

ちなみに、別海町ふれあいキャンプ場から主要観光地までの距離は、おおよそだが次のようになるのでご参照のほどを。

  • 納沙布岬:約80km(国道238号線利用の場合)
  • 摩周湖:約70km(国道238号線利用の場合)
  • 霧多布岬:約48km(国道243号線〜道々123号線など利用の場合)
  • 道の駅スワン44ねむろ:約41k(国道243号線〜国道44号線などの一般道利用の場合)
  • 開陽台:約38km(国道238号線〜道々8号線〜国道272号線などの一般道利用の場合)

(利用日:2010年夏)

【別海町ふれあいキャンプ場】※データは2019年6月に現地へ電話確認したものですが、利用前には要確認。
所在地:北海道野付郡別海町別海141−4
電話番号:0153−75−0982
利用料金:入場料 300円/フリーテントサイト 200円
電気使用料:200円(先着順)/電気コードレンタル 200円(先着順)
洗濯機:200円(1回) 乾燥機:100円(1回) チェックイン時間:13〜17時
チェックアウト時間:〜午前10時
開設期間:5月上旬〜10月上旬
その他:ゲートは午後8時〜翌朝7時まで閉鎖

【バイク輸送のご相談はBAS】
北海道へのツーリングにもBAS 料金検索<デポtoデポ>

■北海道シリーズ 関連コンテンツ
北海道ツーリングは、ハマる!
~オススメの宿泊先~
ライダースハウス編!
公営の宿編!
ゲストハウス編!
民宿編!
キャンプ場編!
ライダースハウス編2!
別海町ふれあいキャンプ場編!
温泉宿泊施設編!
~超個人的オススメスポット~
フラットダート&函岳編
宗谷編
知床峠編
エサヌカ線編
タウシュベツ川橋梁編
比羅夫駅編
~北海道ツーリングのポイント~
ホクレンフラッグ編
セイコーマート編
道の駅スタンプラリー編

ジャイロで巡った北海道ツーリンクの様子は、中古バイク情報のBBBで掲載中です。
〜(番外編?)ちょっと函館まで行ってきました!〜
道の駅巡り道南編 その1道の駅巡り道南編 その2道の駅巡り道南編 その3
道の駅巡り道南編 その4道の駅巡り道南編 その5道の駅巡り道南編 その6


北海道ツーリング・別海町ふれあいキャンプ場編!|バイク輸送・陸送・配送ならBAS