お役立ちコラム?column

超個人的オススメスポット フラットダート&函岳編

北海道の林道は走りやすいフラットダートが多い

「歌登62km 函岳27km 加須美峠17km」の看板から先のダートが美深歌登大規模林道。(GoogleMap ストリートビュー)

オフロードマシンやスクランブラーで北海道ツーリングを楽しんでいると、どうしてもダートを見つけると走りたくなる衝動に駆られることが多い。北海道のダート(林道)は、内地などの林道と違いフラットダートと呼ばれる比較的平らな砂利敷きの路面が多く、オフロードでありながらも走りやすいダートが多いからでもある。

そのため、内地では考えられないような高い速度で林道を走る人たちもいるので、キープレフトで常に対向車に対応できるように心の準備をしておきたい。さらに、これらの道は基本的には地元住民の生活道路となっているところがほとんどなので、幅広い年齢のかたたちが運転する乗用車なども走っているので充分注意したい。気持ちの良いダートなので、ついハメを外したくなる気持ちもわかるが、ここはグッと抑えて住民の生活道路であることを尊重して走りたい。

【バイク輸送のご相談はBAS】
自走しないで、北海道ツーリング 料金検索<デポtoデポ>

最近では、北海道でも生活林道の舗装化が進み、“気持ちよくコーナーを曲がるといきなりダート!”というような一瞬パニックになるような場面に出くわす事はほとんど無くなったが“ほとんど”と言うのは、たまに舗装路の張り直し等が行われて場合があり、その場所がいきなりダートとなっているから)国道から少し奥に入ると、北海道にはまだまだダートが豊かに残っているダートの宝庫なのだ。ちなみに、オートバイのラリー競技や四輪車のラリーレースなども北海道内で開催されたことがある、そのことからも、長距離林道が多くあることがわかるだろう。

気持ち良いダートを抜けると、
利尻方面まで見渡せる絶景が待っている!

函岳山頂のヒュッテと駐車場から北東方面に設置されている道北レーダー雨雪計システム。オブジェのような独特な形状の建物で興味深い。

…というような説教くさい前置きとなってしまったが(笑)、今回ご紹介したいオススメスポットは道北にある函岳(はこだけ)山頂。ここは、道北レーダー雨雪計システムが設置されている場所で、特に観光地ということでは無い。山頂の広い砂利敷きの駐車場には、休憩小屋として建てられたヒュッテがあるだけで、ヒュッテの室内には休憩スペースとトイレが設置されているだけだ。

【バイク輸送のご相談はBAS】
北海道へのツーリングにもBAS 料金検索<デポtoデポ>

しかし、多くの人たちが絶賛するこの山頂からは、晴れていれば北西に利尻富士や日本海、東にはオホーツク海までが見渡せるという絶景ポイントなのだ。標高が1129mあるため、なかなか天気のいいタイミングで登ることは難しく、麓の美深で晴れていても山頂は雲で覆われていたり雨が降っていたりする場合もあるので天候は運次第。それでも、函岳山頂を目指すライダーは多い。

道北レーダー雨雪計システムの下から見た駐車場とヒュッテ。ヒュッテの右側の道から登ってきた。

なぜなら、函岳の魅力は山頂の景色ばかりではないからだ。山頂にたどり着くまでの道が走りやすく比較的長い林道(美深方面からだと約27kmの連続ダート!)であることから、オフロード車乗りにとってはまさに走りたくなる道だからだ。

また、どうしても晴れた函岳山頂の景色が見たいがために、びふかキャンプ場に連泊しているライダーもいるほど! さらに、函岳山頂から歌登方面にかけての林道もかなりの長距離を走ることができるのもダート好きライダーにはタマラナイからだ。この函岳へと向かう加須美峠函岳線は、毎年冬期閉鎖されるため毎年の開放期間が異なるので、美深町のホームページ等で事前に情報を集めておいたほうが良いだろう。ちなみに、今年(2019年)の開放期間は「令和元年6月13日午前9時から10月中旬(予定)」北海道美深町HPとされている。

美深の町中で給油してから、
函岳山頂を目指そう!

びふかキャンプ場から国道40号線を南下していくと、「函岳まで34km」という看板が左手に見えてくる(そのまま国道40号線をまっすぐ進むと、3kmくらいで美深の町中に入りガソリンスタンドがあるので安全を考えて満タンにして行く事がオススメ!)。矢印に従って左折するとすぐに道々680線に合流し、舗装路を5〜6km走るといよいよダートが始まる。

びふかキャンプ場から国道40号線を南下していくと、初野駅付近に突如でてくる「360度一大パノラマ 頂上まで34km」という函岳の看板! さらに左折する道沿いにも旧看板「34km函岳」の文字が出ていて分かりやすい。
びふかキャンプ場~林道入り口までのルート(GoogleMAP)

このダートが美深歌登大規模林道で、約17km地点にある加須美峠を左折して加須美峠函岳線を約10km走ると函岳山頂に到着する。基本的にフラットダートで走りやすいのだが、突然、フカフカした深い砂利の路面があることと、道幅が狭いところもあるため、対向車(四輪)が来た時に路肩に寄りすぎるとフカフカな砂利にハンドルを取られて最悪の場合、転倒する危険もあるので注意したい。それと、鹿などの野生動物も突然現れることがあるのでスピードはほどほどに!

※ストリートビューでは、林道入り口までしか確認出来なかった・・(2019年7月現在)。実際に北海道のダートを体験して頂きたい。

ちなみに、函岳から主要観光地までの距離は、おおよそだが次のようになるのでご参照のほどを。

  • びふかキャンプ場:約38km(国道40号線〜道々680号線〜美深歌登大規模林道などの利用の場合)
  • 朱鞠内湖キャンプ場:約80km(国道275号線〜国道40号線〜道々680号線〜美深歌登大規模林道などの利用の場合)
  • 道の駅あさひかわ:約135km(国道40号線〜道々680号線〜美深歌登大規模林道などの利用の場合)
  • クッチャロ湖畔キャンプ場:約120k(国道275号線〜国道40号線〜道々680号線〜美深歌登大規模林道などの利用の場合)

(利用日:2009年夏)

【バイク輸送のご相談はBAS】
北海道へのツーリングにもBAS 料金検索<デポtoデポ>

函岳山頂のヒュッテと駐車場から北東方面に設置されている道北レーダー雨雪計システム。オブジェのような独特な形状の建物で興味深い。
函岳山頂から歌登方面に行くと舗装路が一部でてくる。ダート走行後のマシンと荷物のチェックを兼ねて休憩中〜。それにしても青空が眩しい! 「初めて函岳に登って、これだけ天候に恵まれるのは珍しいよ」とキャンプ場で知り合った人に言われた。かなりラッキーだったようだ。

ヒュッテは山頂にあるということなので、小規模なものだろうと勝手に想像していたが、丸太小屋で予想以上に大きな建物だった。室内は20名くらい休憩できそうなスペースがあった。

■北海道シリーズ 関連コンテンツ
北海道ツーリングは、ハマる!
~オススメの宿泊先~
ライダースハウス編!
公営の宿編!
ゲストハウス編!
民宿編!
キャンプ場編!
ライダースハウス編2!
別海町ふれあいキャンプ場編!
温泉宿泊施設編!
~超個人的オススメスポット~
フラットダート&函岳編
宗谷編
知床峠編
エサヌカ線編
タウシュベツ川橋梁編
比羅夫駅編
~北海道ツーリングのポイント~
ホクレンフラッグ編
セイコーマート編

ジャイロで巡った北海道ツーリンクの様子は、中古バイク情報のBBBで掲載中です。
〜(番外編?)ちょっと函館まで行ってきました!〜
道の駅巡り道南編 その1道の駅巡り道南編 その2道の駅巡り道南編 その3
道の駅巡り道南編 その4道の駅巡り道南編 その5道の駅巡り道南編 その6


北海道ツーリング・温泉宿泊施設編!|バイク輸送・陸送・配送ならBAS